未来の「美容師資格」

2019年現在、美容師人口は【523,543人】 美容室軒数【247,578軒】というとても多い数字となっています。新しく自分のお店を出しては毎日閉店、倒産している会社もあります。

一見、キラキラしているように見えて実は大変なお仕事の代名詞といってもいいくらいでしょう。



美容師試験はしっかり2年間勉強を続けて実技も練習したものに合格という審判が下ります。

そしてそのあとだいたいは美容師に勤務する方が多いですが、やはり「イメージと違った」「体力的にきつい」「人間関係が。。」といって退職してしまう方が多かったり、ある程度上の立場になったころに独立したりし、大変離職率が高い職業となっています。



しかし、やめてしまうからダメという考え方は、もう古いのではないでしょうか。今は前向きに転職やいろいろな働き方があります。その働き方を一緒に考えていきましょう。



美容師免許は国家資格です。お客様の首から上を施術するのはその資格がないとできない仕事です。こうなると、「アイリスト」「スパリスト」「メイクアップ」などなど、、。選択しが増えます。

アイリストはまつエクからまつげパーマなど結構主流になってきましたね。まつげパーマは逆さまつげにも効果的なので将来的に需要はあるように思えます。

「スパリスト」も現在のストレス社会には癒しをみな求めています。そんなとに仕事帰りに少し、、。などもまた需要があると思えます。



美容室に最初に勤めてやっぱり向いていないかもと思ったとしても、まだまだ美容関係にはかかわることができます。たくさんの働き方がありますので、もし美容にかかわりたいけどなぁ、と思っているのであれば、一つ自分の負けない資格と取るのも経験ではないでしょうか。