信頼を得られる認定エステティシャンの資格

現在、日本ではエステティシャンになるための国家資格は存在しません。そのため誰でもエステティシャンとして働くことができます。もちろん働くエステサロンで十分な訓練を受けてからお客さんと接するために、丁寧な施術が行われるのは確かです。それでもエステサロンを訪れるお客さんを安心させるために、エステティシャンとしての民間資格が存在します。それは認定エステティシャンです。

この資格を取得するためには、美容関連の専門学校、もしくはエステサロンの経営企業などが運営する学校に通う必要があります。実のところ学習期間は学校によって異なります。またエステサロン直営の学校に通う場合、卒業後にそのまま就職できることもありますので、これらの点を事前にチェックする必要があります。

ちなみに学校に行かなくても実務経験が3年以上のエステティシャンはエステティシャンセンター試験を受けることができ、合格すれば認定エステティシャンの資格を取得できます。